白い言語

d0121002_1622963.jpg



現在
故郷インドでも
サンスクリット語は日常会話には使われていませんが
実際は
インド人の考え方の根底に脈々と生きているのです


インドは
英国の侵攻をうけた時代に
ヴェーダに書かれたカーストの持つ本来の意味を失い
血族と階級は一致するとされてしまいましたが
ヴェーダに基づいたインド人の生き方まで変えることはできませんでした


サンスクリット語で書かれた
ヴェーダ哲学のウパニシャッドは
宗教ではなく
人間本来の生き方について伝えているからです

もし
サンスクリット語を理解できれば
今世界で通用してるインドに対するカーストの考え方は
間違ったものだとわかります


ヴェーダ学者は
サンスクリット
という言葉を
「最も純度の高い」という意味だ
と伝えています

まさにそれは
ピュアホワイト
白い言語だと

何故なら
真実と意識と平安に気づくために使われる言語だからです

ですから
サンスクリット語で考えると
人間の心は綺麗になり
間違った考え方を起こさなくなる
といわれています


インド・ヨーロッパ語 という 括りがあるように
英語を始めとした
ヨーロッパ系言語はサンスクリット語を語源としています
[PR]
# by veda-anand | 2008-06-08 12:51 | 音の診療室