<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

プロフィール

d0121002_17261762.jpg


d0121002_17261737.jpg


d0121002_1726178.jpg


d0121002_17261798.jpg


Ananda  Art&Blight  Center
主宰: Ananda cecilia カオル

2008/5.15現在


★作家/絵画・セラピー指導者/ライブアーティスト

・東京生まれ
・鎌倉在住
・都立雪が谷高等学校卒、在学中モダンアート協会会員阪本文男先生より絵画指導を賜る
・東京造形大学彫刻科卒
彫刻家佐藤忠良先生、版画家馬場かしお先生に師事
・絵画、音楽、詩等マルチ的アーティスト

★作品のテーマ&コンセプト:
聖典や哲学や物語/色彩瞑想。
アートとは自分の魂の自由さに気づく哲学である
・素材:和紙に墨とアクリル、透明水彩やインクなど使う、ミクスドメディア


★作家活動の傍ら
つい最近は日本的ティストのTシャツデザインを行い、日本の他に、5月はフランスパリで禅をテーマに描いたTシャツをデザインフェァで発表

・絵画個人指導/インド哲学をベースにしたカウンセリング
/アート&サウンドセラピー および セルフセラピーの指導



写真 上より

鎌倉長谷 ワンダーキッチンでの個展;作品 サンスクリット

月の砂漠

表参道ギャラリー華音留 エンジェルガーデンプロジェクト参加 作品

Tシャツ 蓮
[PR]
by veda-anand | 2008-05-15 17:26 | プロフィール

時間とは …?

d0121002_1752587.jpg

時間とは何か?

これを正しく認識することは
悟りへの道をしめす重要なポイントです

★Time is bettween Two event.★

時間とは 始まり と終わりの間 のこと

これが科学的な見地から述べた 時間の定義です

何かの始まりから終わりまで
これが時間の純粋な意味です

ここから分かることは
自分にもたされた
最大の時間とは
誕生から死までのこととなります


生死をどのように観るか
それは 哲学的に言えば
善悪と同じように実に相対的なものです

よって
始まりと終わりの間にある時間とは
相対的なものだと言えます

では相対とは何か
それは不確かな在り方
過去にあるか分からない
目の前にはある
しかし
未来は、あるかどうか分からない
そういうものです


人は生きている間に 時間を得ようとする
いつも 時間をはかり 時間を基準にいきようとし
時間の長い短いに価値を見いだそうとしています

子供の頃、遊ぶ時間は沢山あった
しかし今は遊ぶ時間がない
老後は時間があるかもしれない…

このように時間のとらえ方は不確かなもの、マインドの中だけに働く相対的なものと言えます


今 現在 とは
本来 哲学的な概念であり
普通の人は 今 現在を とらえられません


時間の 有る 無しにとらわれ 時間がない という認識の人には
今という概念を把握することはできません

何故なら彼らの頭の中には
常に過去と未来しかないからです

今とは
時間のない領域をさすのです
No time☆
それが、今、の真実の意味、永遠の本当の意味です



…さて、それでは
時間が人間に作用するのは
人間の3つの体のうち
果たして どの領域でしょうか?

★原因となる体=願望 欲望の塊

★微細な体=エゴ、理性、感情や記憶など

★粗大な体=五大要素… 空 風 火 水 土 でできた 所謂『肉体』


それを判断するのに、次のような例をあげてみます

人間の肉体は時々
痩せたり 太ったり します
赤ちゃんだった自分はいつの間にか 年寄りになる
しかし
肉体そのものは、それらの善悪を何も判断していない

また
人は長生きしたいと願望をいだいても、それが、実現するかわからない

つまり
所謂肉体も、
全ての原因となる願望でできた体も、
『その2つの体の領域は、時間の働いている領域ではない』と言えます


肉体の状況の良し悪しを判断しているのは 常に微細な体の中のマインドの部分です

再び時間とは何かを考えると
自分にもたらされた寿命以上に時間が無いことに気づく

しかしその寿命時間とは 相対的で 物質界に依存したものに過ぎず、相対的な価値観や物質的な価値観に重点をおくと
寿命時間に振り回されます

そのように時間のとらえ方を認識したら時間とは命だと
はっきりわかります。一秒より短いまばたきする時間を大切にできます

全ては、まばたきの積み重ねです

すると、まばたきの持つ偉大さに気づき
、その深さ大きさ長さに驚きます

これは私たちが漠然と感じている、偉大なる自分自身の理性が瞬間に宇宙全てをわかるという悟りのパワーなのです
それほどに理性のキャパシティは大きいのです


全ての生類に対する愛に気づき
理性により真理を学ぶと、
人は輪廻の原因となる欲望願望の体
=コーザルボディにある願望=無知を
これ以上増やさず
悟りに不要な願望欲望は消すことができます

この理解により初めて、『時間の束縛から脱する機会=悟りに通じる道=輪廻しない道』を得ます


悟りに不要な欲望は、常に過去と未来を計りにかけ
自分自身を
不確かな相対的な果実を得ようとする行為に束縛します


このような生き方とは、
お金、時間、パワーなどにいつも自分が不足していると感じ、現世的な執着欲望を達成しよう!それを得よう!
と必死になることです
時間とは命であり
相対的だと気づかないと
人生は全てこれに終始してしまいます

このように気づくことが
時間を正しく認識することに繋がります

時間を知るのは最大の真理の学びの一つです
真理を正しく知ると、
時間の働かない領域にあるからこそ
コーザルボディの願望の塊は燃やせることがわかります

これにより
星で運命づけられた今回のカルマ=宿命さえ変わる部分もあります


人は悟りたいという願望によってのみ
寿命を延ばすこと
運命を変えることができると言えるのです

しかし
長生きしたいという願望が 寿命をのばすわけではないのは いうまでも ありません

普通の人は
時間を得るために
お金とエネルギーを浪費したり
お金を得るために時間とエネルギーを浪費しています



しかし そこで得られる満足とは
全て 相対的なもので 実在ではなく うつろうもの です

この世界で得るものは
魔術師がマジックで何かを物質化させたとしても
家に帰るとき 何も持たずに帰るのと同じです

家 とは 魂の帰る領域 真実の私たちの家です

この世界で得る 城 金銭 それは 全て砂の城なのです


実在の永遠の城
天国の王国は
私たちの内面にすでにあるのです

それが 私たちの家であり
それに気づくのが悟りというものです

天国の王国の財宝とは 全ての生類に向けられた 愛 叡知 慈悲 の全てです


ベジタリアンと 正しいグルの瞑想法と導きなく
人は 独りで完全な悟りに向かうのは 大変困難を伴います


最後に自分のことで恐縮ですが
凡人である私は 勿論 地道に瞑想します
よく誤解を招きますがベジタリアンをし 瞑想をかさね 私の生き方は ますます 楽に 清々しいものに変わってきています♪

真実とは 真理とは、自由な領域です

魂は本来 自由なのですね☆

絵画は 取り組み方 指導者により 瞑想にもなり
内面の意識の向上に役立ちます

描く力とは
即ち観る力だからです
観る力とは洞察、判断、実行を導きます
[PR]
by veda-anand | 2008-05-15 17:05 | 癒しへの導き

真のサニヤースァ… サニヤシンとは

d0121002_914270.jpg


現世的な欲望を全てすて 燃やした人
無執着な人

これがまず 真のサニヤースァ
日本語的発音ならサニヤシンのの定義です

かけらでも期待ある人
それはサニヤシンとはいいません


赤みを帯びた美しい彼のオレンジの衣
あれは 常に湧き上がる欲望を燃やすための修行への熱意=タパスの象徴であり、
肉体次元の自分の葬式をすでにすませたことを意味する

彼は のちに 二度と火を使わない
料理もしない
火を使う祭祀をする者もサニヤシンではない
何故なら祭祀には必ず祈願があるからです

そして
彼が死んだら 遺体は土に埋められるか ガンジス川に流すのだ

もうすでに葬式をすませた彼の遺体は
火葬する必要がない


サニヤシンを名乗る人は 世界中にいるが その意味するところまで 伝えられてない場合が 殆どでしょう


私も かつて あるグルのもとで
自分をサニヤシンだと 思いこんでいたことがあります

瞑想を始めたての、何十年も前のことです

しかし 今 それは違っていたと
ようやくわかります

サニヤシンに対する認識不足は
瞑想による体験に真理のセオリーがないのと同じだ
グルは選ばないと今回悟れない

セオリーなく、悟りの明確な認識にいたるのは非常に…難しい
改めて 真理のセオリーを学ぶ重要性を思う

サニヤシンは悟りへの道の途上にありますが
五戒は最低限のマニュアルとして守っています
巷のサドウ?と違って、勿論、煙りや薬、は禁止


それらを用いて
一瞬 ニルヴァーナ=涅槃=欲望のない境地を垣間見ても………再び 閉じてしまう…観たつもりでも、それは自分のマインドの中の妄想に過ぎない
万が一、ビジョンが本物であってもセオリーがないと日常にフィードバックできないのです

そして
酒タバコ薬以外でも、感覚を喜ばすことに『執着する』のは悟りに向かおうとするクリアーな意識にとって邪魔な存在なのは、いうまでもありません


『今ここ』で五感を楽しませるのに『執着する』のは
肉体次元に意識が縛られたタマシックな人々

『今』に立脚したサトビィックな人々は肉体次元の喜びには執着しない!

しかし人々はセオリーがないと
一見見分けがつかない
大抵は『今ここ』というグルの言葉に騙されてしまう…
騙すグル本人さえ
自分の感覚にまどわされている場合がある…

そして!
物を出したりするような魔術のような力を使うグルは
物質に依存した感覚を使っている
彼は物質に依存したら悟りに至らないというセオリーを
弟子に教えていないのだろう

聖者から発する最高の光とは
あえて色といえば白である

それ以外の色彩は、プリズムを通ってでる、物質界に依存した色彩だ…


悟りとは決して
物質に依存したレベルに執着していては到達できない


私のグル
スプリームマスターチンハイ曰わく
『悟りとは簡単です。しかし それを維持するのが難しい
だから
ベジタリアン
五戒
瞑想は 必要です』

それから
『インドは世界の霊性のダイヤモンドの宝庫である
インド人は世界中の民族の中で最も高貴な存在です』
と話されましたね

インド人、彼らの80%がベジタリアン♪であり
真理のセオリー、ヴェーダ哲学を守ってきたからですね☆




サニヤシンとは
自分を楽しませる
という欲望さえ捨てた人のことです
無論
叶えたいわずかな願望さえない人です


唯一の願望
悟り
を除いて…☆
[PR]
by veda-anand | 2008-05-11 09:01 | 癒しへの導き

春の日に

d0121002_18502044.jpg

絵の生徒のお母様が 庭のお花をつんで 持ってきて くださった☆

しおれないうちにスケッチ☆

ツツジには やっぱり 密がありました☆

懐かしく
ほんのり 甘い…☆

お花を愛でるのは
何よりもセラピーですね☆
[PR]
by veda-anand | 2008-05-05 18:50 | アート&サウンド ヨーガ

玉ねぎの詩♪

d0121002_1845173.jpg


風邪よけに 部屋においていた玉ねぎが ある日 芽を出していた

子どものクラスのモチーフにし 生徒を一緒に描く


生命力と 命の連鎖 私たち人間も 宇宙のこの法則の中に生きています

命がある
この肉体に 改めて感謝 ☆
[PR]
by veda-anand | 2008-05-05 18:45 | 子育て 子ども 教育

Ananda風:ベジ的☆お好み焼き

d0121002_20345327.jpg


卵も カツオ出汁もない
けれど
とっても 美味しい☆
ベジタリアンのお好み焼き☆


つなぎには
お豆腐
山芋をつかって
お揚げを みじん切りにしていれました☆
粉はささっと
軽く混ぜる程度

キャベツは ちょっと多すぎる?
というくらいが よいですよ

塩で 少し 下味をつければ
ソースをつかいすぎたりしません♪


軽い食べ物ですが
とても満足度が高いのが 不思議です☆


召し上がれ‥♪
[PR]
by veda-anand | 2008-05-02 20:34 | ベジ料理 アーユルveda