<   2007年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

何を伝えたい?何が伝わるの?

d0121002_1230059.jpg

d0121002_1230034.jpg


心の深さ
愛の大きさ
意識の在り方
それは無言のうちに伝わります


色々なテクニックや知識や言葉を得ると言葉やテクニックが伝えるべきもの
伝わるものだと
勘違いしますが‥

実際伝わるものは
媒体となった
自分のエネルギーが多くを占めます

どのようなエネルギーを自分が発しているか
それに敏感になると伝わるものは
結局 言葉でも知識でも物語でもなく
いつも
エネルギーが人に伝わっていることが理解されます


形ある
絵画
写真
音楽
文章
知識‥

本当は全て全て
形ある物の背後の
エネルギーを伝えてるのです

それが分かって
初めて
形とエネルギーが
一体となり
伝えたい相手に
より明確に伝わるのです


このような
自分の発する
エネルギーに対し敏感でいるには
自分の体と心をピュアに保つことが求められます


ベジタリアン
座禅
瞑想などは有効です

表現者は
伝えたい形のエネルギーと自分の内面のエネルギーが
どのくらい一致しているか
伝えたい内容に
相応しいエネルギーを自分が保持してるか
確認してみると良いでしょう☆
[PR]
by veda-anand | 2007-09-12 12:30 | 癒しへの導き

aguni -1





d0121002_21112896.jpg






リグヴェーダ1−1−1
agguni~♪
から 始まる ヴェーダ

世界の始まりの音を オーム。。の次にこのアグニ
という言葉から始まる。

熱。光り。 二つの意味を持つ。
これらは 真理であり 永遠であり 平安であり 愛でもありますね☆





作品: アグニ by Ananda
2007 夏 8/3~9/2 カフェ ワンダーキッチンにて 発表
[PR]
by veda-anand | 2007-09-08 11:34 | 作品

ヤマユリ


瑞々しい  色彩を讃え
真夏の眩しい 陽射しをのがれ 咲く ヤマユリ

高貴な その顔を 少し下にむけ
控えめに その美を現す

あの人のように


そう あの人のように




by Ananda
d0121002_1092945.jpg

[PR]
by veda-anand | 2007-09-08 10:10 |

1対1 のレッスン

d0121002_10521464.jpg



インドでは 古くから
大切な教えを口伝で 師から弟子に伝えられました

一人ひとり 皆 意識の状態が異なります

こちらでは それをふまえ 幼児の絵画レッスンもプライベートで行います
彼らにも大人同様の高度な指導をします

真理に大人も子どもも本来ありません
このような教え方は 時として大人にとってのほうが 難しいと感じるかもしれません
何故なら 大人は すでに既成概念を多くもっているからです

しかしながら ここでは そのような既成概念を取り払うことを
まず 第一の目的とします
既成概念が強いと魅力的な絵には成らないからですね

絵 や色彩には 心を解放する力があり
また 観察をとおし 余計なものを無くし
必要なものを育てる という考え方や精神力を鍛えます

自分の中にある感性 様々な力は 絵を描くことで
自然に培われ 色んな場面にも応用できるようになっていきます

絵をとおし 体験し獲得した力は
ただ うまくなりたい  という目先の目標を越えて 人生の潤いとなるでしょう☆



写真の絵は 中学受験を控えた 小学6年生の子どもとAnandaのコラボです

この子はパウル クレーの絵が好きです
彼の色彩が好きなのです
画集をみて學び クレーがどのように風景を観察し
内面にどんな感情があったのか そういう観点からもレクチャーをします

お互いが一枚の絵を仕上げながら 
仲が良い色 に協調し引き立て合う色を探します
このように色彩を學ぶだけで 人間関係を調整する力にも役立てられるのです

様々な教え方がありますが
生徒が一番興味を感じているとこらから 入るとその集中は持続します

このように 1対1の指導は子どもであっても濃い内容となります










 
[PR]
by veda-anand | 2007-09-07 21:16 | 子育て 子ども 教育

Anandaの爽やか朝食♪

d0121002_11395442.jpg

d0121002_11395461.jpg



朝 爽やかにお目覚めですか?

前日の疲れを体内に残さなければ
朝 しっかり食べることができますね☆

生野菜が特に素晴らしいのは
食べる時まで生きているからですね


栄養素
という西洋的な概念の前に
東洋では食べ物には命がある
という考え方があります

野菜や果物とは
まさにそういう食べ物☆

私たち人間に
これら野菜や果物の生命が最も力を与えてくれます


だから
体内も意識も
感情や考え方も美しく保てますね☆
[PR]
by veda-anand | 2007-09-03 14:05 | ベジ料理 アーユルveda

Gita Live @ 鎌倉長谷 カフェ ワンダーキッチン

わたしの隠れ家。
いえ みんなの隠れ家にしたい 
古民家を改造した  ワンダーキッチン☆
この家で行う展覧会の為に飾られた絵画に囲まれ
8/31 金曜日  バガヴァド ギーター朗読劇を世界初演☆
長いようで短かった この一年
ギーターのシナリオを完成できたのも パンダ先生のおかげです☆



朗読劇:  バガヴァッド ギーター   
*  燃やされる身体から 光りの身体へ*
オリジナル脚本/音楽:Ananda.C.Kaoru

アルジュナ王:高橋和久    http://romanticbabe.fc2web.com/
クリシュナ: Ananda .C.Kaoru




サンスクリット語でgitaをチャンティングすると
確実に変わった 空気 波動 エネルギー。。
リラックスし かつ引き締まり  集中し
その場にいあわせる全員がひとつになった☆

d0121002_1414471.jpg







やがて  アルジュナ王に自分を重ね合わせ 物語と詩の世界に引き込まれて行く

全ての人間の象徴でもある アルジュナ
そして 全ての人間の中にある アートマンの象徴でもある クリシュナ
d0121002_1340495.jpg







そして幕間に。。
実際は姉と弟 のようなわたしたち
d0121002_1434967.jpg

[PR]
by veda-anand | 2007-09-03 13:43 | Bagavad gita&live

Art settion♪

d0121002_12521690.jpg

d0121002_12521628.jpg

d0121002_12521619.jpg


夏の日差しのもと
お庭で楽しんだ
二人のArt settion♪

使う材料と道具は

和紙
アクリル



自分の内側にある愛を感じながら
育てるように☆

みずみずしい感性
お互いが引き出しあえるように☆

色と形を使って
魂の言葉を交わしながら☆

心のなかの
私たちのTruth世界は一つだと感じながら☆
[PR]
by veda-anand | 2007-09-03 12:52 | 色の診療室

クリシュナ誕生日再び☆

d0121002_1654477.jpg


今年07年9月4日
8月の満月の翌日から 月が欠け始める その日から数えて8日目
クリシュナの誕生日である

人間として模範的人生を歩んだラーマの生まれ変わりであるクリシュナは
同じアートマンを持ちながら
その人生が一つの月の裏と表という違いがある


ラーマが輝く満月だとしたら
クリシュナは裏側の暗闇
そのくらい違う


人は人生を大抵光と影で判断し
一喜一憂するが
ラーマとクリシュナの人生をみたら
それが無意味であると達観するだろう


動かずに輝く太陽のようなラーマ
変化にとんだ波瀾万丈なクリシュナ


穏やかで従順な普通の人間ラーマ
自尊心強く
他人の意見に耳をかさない
奇跡ばかりおこすクリシュナ


彼らはまた
私たち人間の善悪を超えた二面性を現している


今 あなたは
どちらに近い人生を送っているだろうか

クリシュナの誕生日には天気が荒れる

昨夜も例外なく雨風が吹き荒れた


この世界を維持する神
ビィシュヌの化身
ナーラーヤナであるクリシュナ

マーヤーという幻影である この世に存在する全てに

あなたは
ラーマとクリシュナに象徴される神の働きを
どれくらい観ているのだろうか

自分自身の中に


ラーマは私達の真実の生き方の現れの象徴
クリシュナは 私達の深淵なる心の深さの象徴
[PR]
by veda-anand | 2007-09-01 16:54 | 癒しへの導き

子供の視線

d0121002_1014276.jpg


このゴーヤーの絵は 幼稚園の年長さん
6才の子供が描いたものです


観ること。
が描くための最大の近道であり基本です

子供の感性は実は非常にピュアだと誰しもが知っています

それは大人のように複雑な考えを持たず 頭の中に余計な思いが無いからです



インドの哲学とは
難しいものではなく生きる智恵そのものです

それはまず
観察から始まります

絵を描けるようになるとは
すなわち 観察をとおし
精神を鍛え 考える力を育てることにほかなりません

絵を描くという行為は楽しみながら
人間の生活や社会に潤いを与える素晴らしいものです

こちらのセンターは普通の絵画クラスでは満足できない
本物を目指す方の為に開設いたしました

特別な場合をのぞき1対1のプライベートレッスンです


やはり このスタイルが一番集中できるものなのです




6歳の子どもに ここまで 描けるものか ?
多くの大人が 驚嘆します
それは 大人が 自分に限界をつくってしまったことにあるのです

子どもにはそれが無い分 正しく指導すれば 早く理解します
しかし この意識を保ち続けさせ 
この子どもが それを自分のものにしていくには また 違うアプローチも必要です
それで
インド哲学による ものの捉え方が 必要になります。
考え方 。 それを 科学的に解き明かしたもの 。
それが インド哲学です。
[PR]
by veda-anand | 2007-09-01 10:14 | 子育て 子ども 教育