<   2007年 05月 ( 46 )   > この月の画像一覧

anand風  デトックスしたい朝 ♪


ストレスや暴飲暴食で疲れがたまり 体が重く感じる朝
いつもどおり 食べたりしてませんか?

こんな朝は パン半枚とよく沸騰させた白湯でかるくすませます
すると 代謝は活発になり 急に体をかるく感じ
お昼御飯をしっかり食べられるものです
このように 体はとても正直


しかし 頭は情報に騙されていて  
体が重いときにしっかり食べてしまうと..

d0121002_91543.jpg


体の中に老廃物がたまるのです

これを インド伝承医学 アーユルヴェーダでは アーマと呼び
血管内に このアーマが増えることで
様々な病気の原因をつくるといいます

体によくないと知りつつ
そんな食習慣から抜けられないのはどうしてでしょう

色んな原因がありますが
まず
自分の基本的な体質と性格に
合わない生活をしていることにあります

アーユルヴェーダではそれを
宇宙を構成する五大要素を三つに分け 
三つの性質=ドーシャに分類しています
あなたは 次の三つのうちでどの傾向が強いでしょうか

ヴァータ:機敏で変化を好む傾向   空 風の質
ピッタ:ファイトがあり 集中する傾向  火の質
カパ:ゆったりと安定を好む傾向   水 土の質

ひとつの質が強いタイプもいるし
二つが優勢の人もいますが

これらの三つの体質/性格のかけあわせが
自分の基本的体質です


育った環境がせわしないと
自分の本来がピッタ優勢なのに
ヴァータだと思い込んで 色々やり過ぎて
合わない環境と生活感が続き それが病気の原因になるのです

自分の本来の種はどんな花を咲かすのでしょう?

立ち止まって
一度考えてみるといいですね



d0121002_9154060.jpg


雲南の朝顔 
種を蒔いて 7日後  芽をだしてました




私は 大学で彫刻を學びました
絵画からの転向でした
当時 ゆったりすることが 
とても自分に必要だったのだと思います

粘土 石 などは
アートの中でカパの質のものです
ゆっくり 時間をかけなければ 
決して成形できない性質のものですから

火=光りの性質である 絵画はピッタ
風の性質=音楽はヴァータ

その時の自分のドーシャの乱れに応じて
アートをセラピーとして選択すると有効です☆




食事も専門家や 体験者の意見をよく聴き
無理なく行ないましょう
[PR]
by veda-anand | 2007-05-23 10:54 | ベジ料理 アーユルveda

anand風   トマトスパ ♪

甘い 辛い 酸っぱい 塩気も..
今日は少し濃いめの味付け

心を忙しくし過ぎて 
強くて早い風に乗ろうと 体を使いすぎてしまったから

d0121002_937178.jpg


しっかりした味付けは 心の欲求を満足させてくれます



アーユルヴェーダでいう風の質=ヴァータ

誰しもがその性質=ドーシャを持っていますが
このエネルギーを使いすぎると 心が疲弊します

こんな時は やや重い食事=味付け/材料ともに 
をとり
心身のバランスを整えます

トマトソースには人参をいれ
多少 かるくしますが
チーズも入れて 重くします

ただし 量は食べ過ぎないように☆

これはいつでも大事なこと
せっかく休めたい心も
肉体が重くなっては 心が軽くなれません

これを食べた翌日は 多少心のデトックスがおきて
不安底かもしれませんが
これは好転反応ですから 心配はいりません

野菜を上手に食べることは
心のデトックスにも繋がるのです☆
[PR]
by veda-anand | 2007-05-23 10:53 | ベジ料理 アーユルveda

anand風   ポテトと人参のサラダ ♪




我が家のマッシュ系サラダの基本は
お酢 お砂糖 塩 レモンのドレッシングで作ること

マヨネーズだけだと
ちょっと重たい

水分を沢山含んだ 新じゃがいもは 
アーユルヴェーダでいうと カパという重い質の食べ物

むくみがあるような場合はのぞき
ジャガイモは 体を温めてくれます

d0121002_1045368.jpg



人参を多めに入れることで
エネルギーの質が軽くなります

このように
エネルギーバランスの良いサラダとなりました☆


※ 体調 気候によって 
    野菜や調理法のバランスは微妙に変えたほうがいいのです
    今日は 体を使いすぎて 疲労している姪の為に 
    心と体の安定を導く じゃがいも料理です
[PR]
by veda-anand | 2007-05-23 10:13 | ベジ料理 アーユルveda

anand風   ムングダール 大根 きゅうり サラダ ♪



d0121002_8355553.jpg


軽い!
このサラダはとっても☆

活動的になりすぎて 体を少し整えたい
食欲の落ちたからだに
重たくなりすぎないサラダを作りました

大豆を覗いた豆 全般は
輝く生命を讃えるインド伝承医学 アーユルヴェーダにおいて 
軽い食べ物とされています


材料: ムングダール/大根/きゅうり
調味料:塩/砂糖/お酢/レモン果汁/オイル/クミンシード


ポイント:
1:この豆はすぐにゆだるので 塩ゆでにすると 軽くしっかりした食感が残ります
  けれど 塩分控えめに 後で下味をつけた野菜をあえるので
2:次に 少し多めのオイルをひき 熱くなったら 
  クミンシードを放り込み 弾けたところで 豆をいれ軽くソテー
3;大根/キュウリは 塩 砂糖 お酢 レモンで 暫くマリネしておきます
4:最後に豆が少し人肌くらいにさめたら 合わせます

※ 調味料は全て 控えめに使うのが良いでしょう



甘酸っぱさと しっかりした豆の食感
大根やきゅうりとのハーモニー ♪
お口の中に広がって
笑顔も広がります☆

おいしいので  食べ過ぎないように☆
[PR]
by veda-anand | 2007-05-22 17:11 | ベジ料理 アーユルveda

ゆらぎ。。その色彩と 音楽



定まっているが 定まらない
どちらともいえない 状態..   『 ゆらぎ 』

人間に心地よさを 感じさせることは研究し確認されていても
それが何故なのか 科学では わかっていません
それが この宇宙の神秘ですね

わたしたち人間の体も心も
五大要素:虚空 風 火 水 土でできた 自然そのもの..

常に揺らいでいて 一定ではなく
変化し続けている エネルギーの場です

d0121002_11563027.jpg


自然界の中にある ゆらぎのエネルギーは 
ある一定の状態から 一定の状態への変化の連続であり
ゆらぎ= f/1 という 公式におきかえられるといいます

強い 弱い
速い 遅い  
強い色  弱い色 。。
お母さんの心臓の鼓動も 太陽の軌道も
雲の動きも 波の満ち干きも 
ゆらぎの存在するところには
規則的でありながら 同時に修正し
変化していく 道が秘められています

自然界の色は 固有の色があっても 
光りの量で全てが違ってみえます
このように 色は  わたしたちの目にうつるときに
いつも ゆらいでいるから 自然の中の色彩は 美しいのでしょう

魅力的な絵画や 音楽には このような
ゆらぎ成分が 沢山含まれているようです

それはどのようなものでしょうか?

いかようにも観える 絵画は 抽象でも具象でも
観る人の 想像の力を かき立て
色々な ものを感じさせてくれます

一定の 拍子や メロデイ 調に止まらない 音楽は
様々な気分を興させ  
あたかも 聴いてる本人は 物語の主人公になってしまうこともあります

そうした 絵画や音楽は
つくる人の内面の意識に 多様性があり
一次元的な状態から 多次元的な状態へと 渡っているのだろうと推測されます

たとえば
海を塩水だとしか考えない人もいるかもしれません

けれど 
海を観て 母を想い  誰かの遭難を想い涙し
いつかは 自分の旅立ちを想い
未来を想像する  

それを 絵画や音楽に表現すると 
意識のゆらぎが沢山隠されていくのです

それはスピードのあるタッチで描かれた線
ゆっくりと塗り込められた色面
たんたんと 奏でられる単調なメロデイ
激しく心を揺さぶる 悲しい響き
心を高揚させる太鼓のリズム ..

こうした表現の表情が自然に近いほど
ゆらぎを 多く含み
人間の心にデトックス=浄化=カタルシス
を引き出され
自らが癒される効果が得られます


インド哲学における三つのエネルギー
サットバ=智慧 /精神
ラジャス=活動/仕事
タマス=物質/肉体
のバランスをとるのに
アートや音楽を用いることができます

アートや音楽は
古代から現在にいたるまで インドにおいては神への道=ヨーガとして
大切にされてきました

ヨーガとは 健康への道であり
ヨーガとは本当の自分と今の自分を結び付ける紐
別の言い方をすれば 
神への道にもなるのですね

アートヨーガ 
サウンドヨーガは
あなたに必要な 変化 安定 熱 を引き出し
本来の健やかさを思い出させてくれるでしょう ☆
[PR]
by veda-anand | 2007-05-22 09:03 | 音の診療室

光のクリニック:色を混ぜる

d0121002_17485944.jpg



たとえば

オレンジ

青緑
金…

紙の上で
色を混ぜ合わせる時の 心の動き
観察したこと ありますか?

この絵の中で
何色が心に響きますか?

何色が最後にのせられたものでしょう



色同士の関係性を
人は
知らぬ間にはかっています


沢山の色使いができかつ
煩く見えず
調和のとれた色彩にまとめる力は
人間関係を作り上げる力と
比例します


色と人付き合い
実は
関係は深いのです


あなたの色の好みはどんなものでしょう

偏りはありませんか?

あなたの仲間や友人は
きっと色使いも好みも似ているでしょう



絵:ジャータカより by cecilia
[PR]
by veda-anand | 2007-05-21 19:56 | 色の診療室

爽やか ラッシー♪


ラッシーをいつもどんな風につくりますか?

ヨーグルトなどの発酵食品は 
体調によって 意外と重たいことがあります

それでも ヨーグルトの乳酸飲料が欲しいときに..
爽やかなラッシーはいかがですか?

d0121002_1442558.jpg



一日で飲みきれるくらいの量をつくると便利です
飲むときは
その都度シェイクして☆

材料:
ヨーグルト  大さじ4〜6 好みの濃さに
水            500cc
レモン       3分1 果汁を絞り 皮もいれます
お砂糖      大さじ 2〜3 無くても美味しいです☆

材料を瓶に入れ よくシェイクします☆

アーユルヴェーダでいう
ヴァータ  風の質が加わり
軽くなり
体に負担をかけません☆
[PR]
by veda-anand | 2007-05-21 19:55 | ベジ料理 アーユルveda

anand風   ココナツカレーリゾット ♪



d0121002_1572681.jpg


少し寝坊した 疲れの残った朝
暖かいリゾットは 体に優しい..

前日の大根カレーに
ココナツを加え 簡単に 衣替え♪

香り 甘く 食欲を誘います☆
[PR]
by veda-anand | 2007-05-21 19:54 | ベジ料理 アーユルveda

原宿探訪:おいしい笑顔 ♪

d0121002_19142762.jpg

快晴
青空
d0121002_19142719.jpg

原宿 竹下口を出て 明治通りにむかう
歩道橋の下まで来たら 右に曲がり 
通りを渡り しばらくいくと 左手にある
d0121002_19142798.jpg

自然食の店 もみの木ハウス
d0121002_19142766.jpg

完食!
d0121002_19142713.jpg




マクロビに対応したメニュー☆

本日は
豆腐ステーキと八種類の野菜セット
味噌汁つき
を頂く


ようやく
ベジタリアンが認知され
マクロビも
普通になってきた
最近

けれど
この店は 1976年 開店当初から このコンセプトだ
『食べるものが 心身をつくる』


マスターの笑顔
一番 美味しかった♪

ごちそうさま☆
[PR]
by veda-anand | 2007-05-21 14:16 |

ヴェーダにおける エゴと欲求の関係





この写真の方の瞳の中に
あなたは 何を観ますか?

d0121002_1075562.jpg

いかなる 印象を抱いたと しても
それを 判断しているのは
実は あなたの心と同調した 
エゴなのです



多くの人が エゴを良くない と考えているようです
果たしてそうでしょうか


例えば ..
1:都合不都合を越え 存在そのものに感謝
2:側にいて貰わないと寂しい
3:あの人はいてもいなくても どうでもいい

このように 
人に対して思う気持は 様々です

これを インドの哲学 ヴェーダのウパニシャッドでは 
3つのグナ=エネルギーで
3つのアハンカーラ=3つのエゴと分類しています


1:サットバアハンカーラ=純粋なエネルギー ..神の質
2:ラジャスアハンカーラ=激しいのエネルギー..執着
3:タマスアハンカーラ=怠慢なエネルギー..無関心


もし エゴが無くなってしまったら
エゴを手放してしまったら どうなるでしょう

あなたは  一番上の 純粋なエネルギーさえも 
確認することはできません


このように エゴ そのものに
善悪はないのです


心にある欲求と照らし合わせ
これら どのエゴのエネルギーを使うかにより
気に入る 気に入らないなどの
相対的な状態が 生まれるということです


自分の今 おかれている状況は 不都合ですか?
それとも
健全と判断されていますか?
盲目的に良いと 思い込んでいますか?


このエゴは  心と記憶によって
自分の欲求を生み出し
その欲求を満たすために 働きます

あなたの 欲求は どんなものなのでしょうか


欲求も
エゴと同じように
この3つのエネルギーで タイプ分けできます

心の動きと エゴのエネルギーは 常に連動し
私達の 考えや 判断や 行動を決定しています

言い換えれば 支配しているともいえます

ヴェーダでは 最終的に
相対的なところからの 脱却を目指します

それは 
この宇宙の現れともいえる相対的 有り様の原因
相対を相対足らしめる力= 真のリアリティが 
すでに 気づかずに
自分自身に あると 
知ること


この本来の自分自身=アートマンを知る旅=ヨーガの旅へ
あなたも 出発しませんか?

あなたの エゴと心の状態

まず 心の状態を観ることから 
始まります ☆

旅のお供に
アートとサウンドヨーガは役立ちます

色々な 気づきがあなたを 待っていてくれるでしょう
素敵な経験も沢山するでしょう
時に 辛く 悲しい自分を見せられるでしょう

でも それは 
あなた自身ではなく
あなたの影に過ぎないのです

思い出して下さい
光りの無いところに 影はできません

影をつくる 光り
それこそが あなた自身なのです☆







理解したいことは
声にだして 何度も 読んでみましょう

ヴェーダの勉強は 全て自分の声を出し
自分の耳で聴くことから始まります
[PR]
by veda-anand | 2007-05-19 20:56 | 癒しへの導き