色彩を纏う 



美しい色彩 
それには それだけで 力があります

色彩には それぞれに 特別の波長があり 特別の働きがあります
それは 以前にももうしましたが 言葉と同じです
言葉の使い手が 多くを伝えられるように 
色彩の使い手は また 多くを理解し 伝える力をもつということです





d0121002_17421018.jpg




音には 音色という表現があるように
色と音は大変密接な関係にあります
同様に 実は 言葉にも その力はあるのです

しかし 間違った言葉の使い方や 明確でない言葉の使い方をしていると
力を発揮できません

大切なのは 言葉 音  色彩はひとつだと 知り
自分を 内面から 美しく 外見も実質的な美しさを持てるようになるには
これらを 自分で コントロールして使えるようになることです

色彩を理解するには まず 色を体験することです
それは =纏うことです

様々な美しい色彩を身につけ 身の周りにおくことで
あなたの中にある 調和への力が強まります

とにかく 試してみることです☆



写真: 絵画をもとに つくったストール♪
[PR]
by veda-anand | 2007-10-16 00:19 | 色の診療室
<< 秋を見つけた? 光の診療室 : 青い光のセラピー瞑想 >>