「ほっ」と。キャンペーン

光の診療室 : 青い光のセラピー瞑想


心が忙しいとき
試験や本番の前  仕事において
緊張感が高まりすぎたとき
透明感をたたえた青い光を イメージしたセラピー瞑想をすると落ち着きます

言葉よりもダイレクトに自分の作り出すエネルギーの地場がごく自然に自分を整えてくれるのです

イメージする力は偉大です 普段私達は それを無意識につかっています
マイナスな感情に振り回されるのは それを負の方向に使っているからですね

始める前に 自分をカウンセリングをして 現在かかえている 負の考えを
言葉にして 紙にかきだします
これを 明確にすることで やりやすくなります
イメージする力を利用し 明解なエネルギーを自分でつくりあげましょう
今回ご紹介するのは ごく基本的なことです

やり方は簡単です



d0121002_10312670.jpg




1  なるべく 楽な服装に着替え できるかぎり 背骨をまっすぐにして楽に座る
   呼吸を静かに大きく何度か行ったあと目を瞑り
   眉間のあたりに 小さい青の光を浮べる
   紙に書き出した言葉と 自分自身を構成するイメージが 現在何色かと
   そのエネルギーを確認しておく


2  次は青い光が充満した できるかぎり居心地の良い部屋を完全に近いほど
   イメージできるようにします

3  次にその光を呼吸します
   はくときには 
   紙に書き出した不安や焦りのエネルギー=最初にイメージした色彩がでてゆき
   吸うときには 
   理性的な良いエネルギーが少しずつ入ってくるイメージをします

   この時 具体的な願いなどをは 決してしないでください
   これは 神様に祈る行為とは 異なります 自分の力を利用するのです
   たとえば 「落ち着き」 「誠実さ 」
   などのように良い波動をもった言葉をエネルギーとして感じるようつとめます   

4  かなり楽になったところで
   その青い光が体の隅々まで満たすイメージを試み  しばらく 行う


5  肉体も呼吸ごとにリラックスさせて
   しばらく これを つづけます
   思考の流れが 綺麗になったと 確認できるまで 行う
   これは 心がシャワーをあびているのと 同じです
   身体を 綺麗にするのと 同じことです

6  ここまで出来たらさらに心の静けさを観察しながら
   体を眩しい強い青い光で包みます
   このとき 決して余計な考えを巡らさず光りに集中します


7  そして肉体を物質から少しずつ青い光そのものに変えてゆく
   指先から頭のてっぺんから具体的にイメージする
   イメージの鏡の前でチェックします


8  そして肉体が完全に消え去ったら
   徐々に青の明度や彩度もあげてゆき


9   最後に白い光をイメージし、終了



これは色彩を瞑想しながら
自分の持つ思考エネルギーが無駄なことに使われないようにすることで
集中力を培い 落ち着いたエネルギーを自分の内側につくる訓練です

青い色は 特に 思考力と判断力を アップさせることができます※2


一連の流れは 一つずつ  焦らずにこなしてゆくこと

何度か試しながら 覚えれば
急に必要なときは 五分以内に精神はリラックスと集中を獲得します
何故ならば 思考のスピードは印度哲学では世界一の速度をもつといっています
目をつぶれば 瞬く間に どこへでも いけ 何にでもなれることでも分かります
ただ 一連のやり方を会得するのに 最初は時間がかかるということですね
通常自分で行う場合は15分程度を目安にしてください
うまくできなかった と思うかもしれませんが
実際は 自分で想像する以上にケミカルな変化がもたらされているのです

勿論 素直であれば その分 ブレーキがかからないので
効果はあるでしょう
試してみたい という気持ぐが なにより自分を引き上げてくれます


セラピー瞑想を助けるためには
まずひと月に10日の菜食をし   肉体の浄化と清浄を保ちます
一日 多くて30分程度にしてください
それ以上行う必要はありません ※1

静かな淡々とした 感情的ではない音楽を流すのも 大変 効果的です

また
イメージを助けるために 最初に青い絵の具をつかって絵を描いたり
青い服 青い布 など 目に見えるもので 青い色を持ったものを併用すると
さらに効果と集中までの速度が速まるでしょう♪



大事なことは
「   決して濁りのある色彩に自分の精神を委ねてはなりません  」
始まりに 濁りがあっても それを  透明な色彩に変え 
クリアーにしていくことで 効果は得られます

肉体と同じように 精神にも 
ゴミのエネルギーをためこんでは いけません 病気は内面から 起きます
不健康の原因となります

自分に必要な色彩を知るには O-ring  testが最適です
手軽で 明解な答えが得られます
身近な方にお願いして やってもらいましょう   
次回は そのO-ring testについて 書きます



※1
  沢山やりたい方は さらに 菜食を毎日にきりかえたり
  肉体の物質的な生活と
  精神の生活のバランスをとれるよう 工夫することが必要になります


※2
  また  色彩により 自分の内側に充満する エネルギーの質は異なります
  その組み合わせによっても イメージの仕方にも 得られる効果は異なります

  練習が発展することで 複雑な色合わせもできるようになります
  世界の全ては エネルギーによってつくられています
  この練習をつむことで自分の思考がつくりだすエネルギーに大変敏感になります
   極めて 効果的で科学的なことなのです
[PR]
by veda-anand | 2007-10-15 21:28 | 癒しへの導き
<< 色彩を纏う  泣かないで >>