悩みとは 


d0121002_1936291.jpg



悩みとは何か
迷いとは何か

それは光と闇の間にいるとき

真実を見分けられないときの苦しみともどかしさ‥



まさに暗がりの中にいるとき
人は悩まない

光を知らない人は 見えないことが当たり前だから
自分の意識が暗闇であることに気づかない

これを無知。という
意識が暗闇であることを指す



自分の内面が
光=気づきで照らされ
ひろがるにつれ
逆に自分の中にあったゴミに気づくものだ

それは 時に 自分に新たな苦しみや悲しみをもたらすだろう

例えば 世界の現実を知り 自分の幸福がちっぽけな 自分勝手なもので
実は幸せじゃない

自分の求めていた幸せは真実価値あるものではなかったと
気づいた時のように

しかし
それはまた新しい学びにもなる



意識がひろがると
自由度は増す
一方で苦しみは増す

しかし悟った方の
苦しみは 苦しみでありながら
それに 呑み込まれない意識にいるために 翻弄されることはない

悟った方の感受性は限りなく偉大で
計り知れないほど繊細なセンサーを持っているのだろう


悟った方の幸福観と痛みの感じ方
それは そこにゆきつかないと わからないもの





写真:久しぶりの
鎌倉由比ヶ浜の海です
[PR]
by veda-anand | 2007-10-13 19:59 | 悩める あなたへ
<< モノクロ  世界はいくつ ?  >>