ジスモンチ という音楽♪

d0121002_2143122.jpg



世界には 色々な音楽がある

今言われるクラシックも 昔は流行の音楽だった

ブラジルの奇才
ジスモンチはクラシックを基礎としたピアニストであり
ギタリストである

彼は間違いなく神に音楽を捧げているのだろう


輝き
煌めき
自然

人智を超えた領域から降り注ぐ真理そのものが 彼の指から紡がれる


彼の音に泳ぎながら自分も音そのものとなり
音が生まれてくる源 その領域に意識は移行する


稀な音楽だ

彼は演奏家であることを超えて
音そのものになるのだ
[PR]
by veda-anand | 2007-08-28 21:43 | 音の診療室
<< Ananda風 おもてなしカレー♪ 瞑想について >>