五感をフルに使って☆

d0121002_7441144.jpg


最近
五感をフル活用しましょうと
スピリチュアルな世界を好む人たちの間でさかんにいわれます

では
上手に活用することについて
考えてみましょう


五感は
ルール無しに使うと本来の目的を遂げられないと
インド哲学では説いています



触る
聞く
見る
嗅ぐ
味わう

この五つの感覚器官は
肉体による一種の絵の具のようなものであり
自分の内面に
ある種の快感ある世界を作り上げます

しかし五感は
肉体に付随した器官ですから
それをエンジョイさせすぎると
肉体は疲れてしまいます


触れあう
音楽
映画
グルメ
香り…など
このように
五感を喜ばすものはこの世界に沢山あります


ここにまた
自分の頭脳の中の情報や感情が好む世界が加わり
人は五感を満足させることに夢中になりお金や時間という
命と同じ大切なエネルギーの全てを費やします


しかし
自分が求めている
五感によって得られる満足の正体とは一体何なのか
そしてその目的を自分で
はっきりと分かっているひとは
少ないのではないでしょうか


人は必ず
満足を求めて五感を使いますが

五感を使う前に
それが
自分にとって
本当に真実の目的か否か
一度振り返って考えてみることです



五感はコントロールされ初めて
内面に
肉体や感情さえも超えた深い喜びを
感じさせてくれます


肉体の五感は
私たち人間にとり
大切な道具のひとつです

肉体無しには
五感無しには
決して満足は得られず
インド哲学で説かれる満足の向こう側の至福の世界を垣間見ることはできません

しかし誰でも
一度は深い至福観を味わったことがあるのではないでしょうか

その
満足の向こう側の真実の至福とは
実際
あなたの本質にほかなりません

そこを感じたくて
人は五感を使うことに夢中になるのです

そこが
人間に共通した
本来の満足の場所
といわれています


それは
真実と永遠
意識
平安

過去もあり
今もあり
これから先もあり
永遠に変わらない
自分を自分と認識できる意識そのものであり
喜びそのもの

すでに在る
この自分自身の本質です


ここと
いつも出会い
一つでいるには
五感の満足に目的をとどめず

まず初めに
自分の中の考えや感情や願望を観察し
真実と照らし合わせ要らないものは整理します

そして
自分にとっての本当の目的をとらえ直し五感をコントロールしつつ行動することです☆


あなたは
独りでいることに満足していますか?

もし
誰かと時間を過ごしたいとか
いつも満足できる何かを望んでいるなら

自分自身の中にある真実や美しい世界にまだ
気づいていないだけなのです


これを機会に考えてみて下さい☆



アートセラピー&ヨーガは
不要な感情を手放し自分の内側の至福の宇宙と一つになる近道です☆


今回の絵は
アートヨーガです

絵を描くことは
自分の真実に行きつく旅の途中です
[PR]
by veda-anand | 2007-07-14 07:44 | 癒しへの導き
<< 和紙の仕事:    桜 −1 anand風 今日のコロッケ♪ >>