色の診療室 黄色

d0121002_7202415.jpg

d0121002_7202456.jpg



この花は
松葉ボタンと
ヘリクリサムです

黄色という花は
暗い梅雨の空の下で大変目立ちますね


長い冬から春を迎えようとする ヨーロッパでも
庭先に 大輪の黄スイセンが好んで植えられます

薄曇りの早春に
いち早く
暖かい光を感じさせてくれるのが
黄色だからですね


黄という色は
ヴェーダでは
どんな解釈がされているか知っていますか?


まず
ジョーティッシュというインド占星学においては
グルの星 木星が黄色とされています

グルとは 師のこと
素晴らしい先生に学んだ方は いつまでも先生を忘れません

何かある度に
先生を思い出し
先生から学んだことも 思い出します


また 黄色は
この世=マーヤー=幻想の象徴とも言われます

この世を生きていくのに師を持つと幻想から抜けられるように
黄色という色は

もし
あなたがストレスが多い毎日を送っていたり

真実の生き方から遠くにいたりするとき

また大切なことを前に
強いエネルギーが必要な時

物事をリアルに進める上で
あなたのエネルギーの集中を高めてくれます

しかしながら
エネルギーが少しダウンしてるときは
黄色に白を混ぜたパステルカラーが
必要な場合もあるでしょう

そして
より具体的な意識に置き換えたい方には別の色彩との組み合わせも必要です


ヴェーダによるカウンセリングでは
あなた自身に必要な色彩を導き出し
具体的に物事を改善する方向を示します

好き嫌いと気分でカラーを選んでも
それがあなたに相応しくない場合があることを覚えておいてください


その時々により
あなたに必要な色は多少に異なるのです

これは
変化しながら 生きている私たち人間にとり
自然なことです


黄色には
単純に申し上げれば人の心に気づきと
温かみと
活動に結びつけるエネルギーがあります

黄色を主体とした
アートセラピーにはこのような効果が報告されています☆




色彩は精神に大きな影響を与えます

このヴェーダの部屋では
よくありがちな
やる気を出させるという色彩の使い方を教える場ではありません

より自然に自分らしくあることで
本来の力を発揮出来る自分に気づいて
自ら行動を改善出来るよう示す場なのです☆
[PR]
by veda-anand | 2007-07-05 07:20 | 色の診療室
<< 青の力  旅:お出かけ スイーツ♪ >>