コントロール

d0121002_1791924.jpg

d0121002_1791953.jpg


エネルギーは制御することで 正しく使うことができます

自信を持つことで
自分のエネルギーは必要な場所へ制御されつつ
よどみなく流れ
効果的に働き
自分の目的を果たします


例えば
教育的な考え方のひとつに
子供に自信をもたせるというのが あります

自信を持てない子供は
大人になっても自信の持ち方が分からず社会との関わりや
人間関係を円滑に運べません

しかし
自信が持てないということには
様々な理由があり
単純に自信を持ちなさいと言ってもそれは無理なことなのです

多く保護者の中には地域やクラスや
あるグループにおいて うちの子供は一番だと安心している方がいます

しかし 重要なのは 子供の内面です

例えば絵を上手く描ける子供がいたとしても
上手ということと
自信を持つということは全く異なります

また
クラスの中で自分が一番だと 安心し
自惚れてしまうことと自信とは
次元が異なります

ではどうしたら
真実の自信を持てるようになるのでしょう

そして真実の自信とは一体何でしょうか


インド哲学では
人間を生かすエネルギーを3種類に

☆サットバ=神の質または純粋さ
または理性に近いエネルギー

☆ラジャス=活動または激しさや感情

☆タマス=停滞または頑固さや無関心や怠惰
と分けています


これら3つのエネルギーをコントロール出来る働きを
真実の私=アートマンと呼んでいます


まず
エネルギーをコントロール出来る自分=アートマンを知ることです

それで初めて
この心身に影響を与えるエネルギーの質を知り
正しい使い方を理解し自信を持って
実際の行動に移せるのです


保護者の方たちも
この制御塔の存在とそれに最も近い
サットバのエネルギーの生かし方を知り初めて子供たちに
自信を持たせることができる
ということですね☆


写真の絵:
放縦に流れがちな
ラジャスを制御出来るのは
第一にサットバのエネルギーです

サットバのエネルギーの無い人はいません

制作途中がラジャスの活動エネルギーで満たされ
ややまとまりを欠いた絵に
サットバのエネルギーを使い
ある種の秩序を見いだし
もう一度筆をとります

そして
良い意味で形に収まっていきました


日常生活も
実は こうしたエネルギーを使うことの連続です


だからこそ
子供に限らず
人は好きなことは
飽きずに行えるのですから
好きなことから
自信を磨いていくと一番いいのです☆
[PR]
by veda-anand | 2007-06-27 17:09 | 子育て 子ども 教育
<< anand風 インドクレープの朝食♪ デュエット >>