一滴の涙に宿るもの

d0121002_65239.jpg



一滴の涙の雫

あなたにとって
どれくらいの重みがありますか

一滴は
永遠です

しかし
気づかなければ
ただの一滴でしかありません

そして
乾けば
忘れてしまいます


自分の流した涙の意味も
気づかずにいる場合が時としてあります

涙には
必ずわけがあります

今の自分に必要な答えがその中にあります

また
他人の流す涙を
どう観ているか観察できたら
自分に必要な何かに気づくきっかけともなります


ヴェーダでは
分かる者は質問しないと言われます

ここでは
厳密に言えば
二つの態度があります

一つは
本当に全て分かっている人は質問をする必要がない場合


もう一つは
自分に示された言葉から
気づきを導く態度です


私たちは
まず
そこからスタートするとよいでしょう


実際
紙の上に落とされた絵の具の一滴は
見方によっては永遠なのです

その永遠の一滴を
深く鑑賞しながら
描くと
必要以上の色も形も入らないと
分かってきます


色彩はまた
響きを伴う言葉です

言葉一つひとつは
まず初めに波動です

どんな言葉の背後にも沈黙があり
全てを支えている
永遠が
あるのです


この私たち生き物の儚い肉体も
同じように
沈黙に支えられています


そのように
気づき始めると
小さな命
小さな言葉
一滴から
今私たちに必要な
無限の答えを
そこに見いだせます


それが分からないと絶えず質問し
多くの答えを求め
絶えず言葉を発します

けれど
そうした態度からは真実に行き着くことができません

こうした人には
いくら答えても
言葉が足りない
その言葉ではない
足りない
足りない
そう思ってしまうのです

こうした人はまた
いつも自分を足りない存在だと考えています



一つ小さな声
ひと雫の涙
一滴の絵の具

その中に答えはいつも
隠されています

ひと雫の涙
囁き
一滴の絵の具

これら
ささやかな存在こそ永遠に向かう
一番大きな門なのです☆





この絵は まだ途中段階です

意図しなかった
青の色のにじみが
緑に転じて
言葉の手前にある印象を浮かび上がらせます

それは
いつしか言葉になり必要な時に
形になるのです

自分から起きた全てを鑑賞する
観察する態度は
知らずに自分を悟りに向かわせます☆
[PR]
by veda-anand | 2007-06-23 06:52 | 色の診療室
<< anand風 巨大パコラ♪ 芝居 >>