言葉のヨーガ: 言葉の色と形 その波動 



デザイナーたちは
何故 色や形にこだわるのでしょう

ピーマンとトマト
これが 違う野菜で 異なる栄養をもち
人体に働きかける力は 夫々だと
誰もが知っています

同じように 言葉には
色 形 機能 があります
それを科学的な言い方でいえば 波動です

しかし 日頃 どれくらい 
それを わかって使い分けられているでしょうか

d0121002_15205746.jpg


人は どのように言葉をつかい
そこに 不自由さを感じているのでしょうか

一つには
いいたいことは はっきりしているが 言葉自体を知らない
そして 使い方をしらない
二つ目は いいたい事がはっきりしていない
三つ目は言葉で全てを語れると思い込んでいる

今回は 一つ目のことを御話します


たとえば 赤ちゃんはよく泣きます
泣くのが仕事です

泣き方で
お腹がすいているのか 
眠いのか
甘えたいのか
おむつを取り替えたいのか
お母さんは理解します
何故でしょうか?

赤ちゃんはいいたい事が とてもはっきりしています
それで 伝え方は 下手でも
言葉である 泣き声には お母さんの心を動かす力を持ちます

それは泣き方の波動がひとつひとつ異なり
その色や形で
お母さんはそれを
感じ取っているからですね


ここで振り返ってみましょう
自分の心の中に 
今 どんな気持がありますか 

それを 相手に伝えたい
伝える必要がある
そんな時 あなたは どうしたらいいでしょう ?



言葉を使うというのは
ある意味 絵を描く行為と大変よく似ています


テーマがはっきりしている
テーマはない
テーマがぼやけている

広い空間を感じる
狭い感じ
空間が伝わらない

動きがある
動きはない
どちらでもない

何度も同じ線を強調して 太い線にする
はっきり 描かず 柔らかくぼかす

一つの色を
面積広く使う
少しだけ 気づかれない程度に使う

色んな色を使う
少しの色使いにとどめる
殆ど色は使わない

同じ形を繰り返しつかう
色んな形をつかう
かたちをはっきりさせない

色んな線を使う
あまり多くの線を使わないで面中心にする
境界線をはっきりさせる させない

違う角度から 表現する
違う次元から 表現する

柔らかくする
固くする

重さを表す
軽さを表す

鮮やかさ 彩度
濁った感じ

明るい明度表現
明度の低い 暗い表現
ぼんやりした明度

etc..etc..


このように 絵にたとえると 分かりやすいものです

言葉は 組み合わせ タイミングなどで
いいたいことの 意味合いは はっきりもし
逆に曖昧にもなります


だから
デザイナーたちは 色 形 線 にこだわり
自分のいいたいことを はっきりさせようと するのですね


★ 
まず 自分の心を観察し
いいたいことをはっきりさせる
言葉の持つ機能=波動
相手や 話題 その他 全体に与える影響力をよく理解し
自分自身や 状況に相応しい表現を心がけましょう



それでも
時々 言いたいことが うまく伝わらない場合
そういうとき
どこに 問題点があるのでしょうか?


それは 大抵の場合 言葉を発するときの
意識の向け方にあります

言葉だけを伝えようとしても
自分の生きている気持は 決して伝わりません


インド哲学 ヴェーダの教えにおいて
本来の自分=魂 と相手の魂は 
この宇宙の大生命において 繋がっている
と あります
生きてリいる言葉をつかうには
この命や魂への認識を深めることです



まず 自分のいいたい気持の意図を明確にし
言葉の
色 

波動に気を払い
表面的ではない
本質的な表現を目指し
相手の脳や知識にむかって話すのではなく
自分の魂にむかって話すかけるよう
心がけましょう


これで
かなり 意思の疎通をはかれるようになるはずです



そして ここに
サットバ=純質的な要素の濃い表現にしていくと
最終的に 言葉のヨーガとなります

芸術的な表現かどうか
ここでとりあげませんが
意識の在り方と表現力は 必ず比例しています


言葉を使いながら
それをヨーガとし
意識を高め
本来の自分自身に結びつけて いくことができるのです


つまり 言葉とは 音楽です
これを 全て音に置き換えることもできます
これを 行なうことが
サウンドヨーガです

本当にいいたいことは 響きをもって伝えることが最良です
文字や色形だけでは 伝わらないことがあります

メールで誤解が発生しやすいのは
そこに響きがないからですね


これらのことを 基本に
どうか ためしてみて下さい☆




写真:玄関先の草花
違う波動を発している 植物たち
わたしには 色彩のハーモニーが 美しいと感じます

命のレベルにおいて わたしたちは 共に地球に住む者同士
言葉になる前の気持という波動が とても重要だと
植物たちは 教えてくれているようです 
[PR]
by veda-anand | 2007-05-25 16:16 | 悩める あなたへ
<< 環境:自分という自然を知る 日向ボッコ☆ >>