音のクリニック:ヴェーダ的 解釈


たとえば長い曲
色んな楽器を使った曲
♪の量の多い曲
変化の少ない 安定的な曲   
重厚な曲  
こんなのを タマス的=暗質的 な音楽といい

激しい曲
感情的でカラフルな曲
活発な曲
印象的なフレーズが多い曲        
これらは ラジャス=劇質的な音楽

穏やかで落ち着いた曲
♪は少ないが♪同士の関係が整っている曲
静かに心が高揚するような曲    
これは サットバ的=純質の要素が濃い音楽でしょう

d0121002_1456412.jpg


一つの曲には これら三つの要素が解け合っている場合がほとんどです


あなたの好きな音楽の質をよく観察し
自分の日頃の内面と比較してみてください

大抵 似ています


人からの影響を受けやすく
激しく感情が揺さぶられるタイプの方は
劇質的な音楽を長い時間にわたり聴くのは
しばらくの間 ひかえた方がいいでしょう

劇質的な音楽には
火の要素があり
あなたの疲れた心をますます 疲れさし
エネルギーはヒートアップしてしまい

まるで 悲劇のヒロインみたいな自分に
酔ってしまいかねません

しかし導入には 同調が必要です
火の要素の強い音楽から入り
やがて 心が静かに高揚し
落ち着ける曲に変えていくのです


また 心がどんよりとしていて
やる気がおきないようなときはどうしたらいいでしょうか

そんなときは 最初 タマス的音楽から始め
ラジャスやサットバの質をもった音楽にしていくと
気持もすっきりし 前向きな気持になります


また気持が不安定で心配事があるときは?

変化にとんだ 多少感情的な曲から
次第に穏やかな 落ち着いた曲にしていくといいでしょう


つまり 自分にとって必要な
三つの要素のバランスがとれるよう
選曲するのです


音楽は食べ物と同じです
音楽は心を作ります

聴く音楽をよく選び
自分の心を鎮めてあげましょう

ただし長く聴きすぎると 
一番良いピークを過ぎて 肉体の耳も疲れてしまい
治癒力が働くよりも 逆に効果がありません

なるべく 50分以内に終わらせましょう

サットバの質の高い音楽は 
あなたの心に平安を感じさせてくれ
生活感覚にも 
穏やかな波動を おこすことができるようになるでしょう

眠る前は やはり ゆったりした曲が一番ですね☆
[PR]
by veda-anand | 2007-05-24 13:17 | 音の診療室
<< 日向ボッコ☆ anand風  デトックスした... >>