anand風  デトックスしたい朝 ♪


ストレスや暴飲暴食で疲れがたまり 体が重く感じる朝
いつもどおり 食べたりしてませんか?

こんな朝は パン半枚とよく沸騰させた白湯でかるくすませます
すると 代謝は活発になり 急に体をかるく感じ
お昼御飯をしっかり食べられるものです
このように 体はとても正直


しかし 頭は情報に騙されていて  
体が重いときにしっかり食べてしまうと..

d0121002_91543.jpg


体の中に老廃物がたまるのです

これを インド伝承医学 アーユルヴェーダでは アーマと呼び
血管内に このアーマが増えることで
様々な病気の原因をつくるといいます

体によくないと知りつつ
そんな食習慣から抜けられないのはどうしてでしょう

色んな原因がありますが
まず
自分の基本的な体質と性格に
合わない生活をしていることにあります

アーユルヴェーダではそれを
宇宙を構成する五大要素を三つに分け 
三つの性質=ドーシャに分類しています
あなたは 次の三つのうちでどの傾向が強いでしょうか

ヴァータ:機敏で変化を好む傾向   空 風の質
ピッタ:ファイトがあり 集中する傾向  火の質
カパ:ゆったりと安定を好む傾向   水 土の質

ひとつの質が強いタイプもいるし
二つが優勢の人もいますが

これらの三つの体質/性格のかけあわせが
自分の基本的体質です


育った環境がせわしないと
自分の本来がピッタ優勢なのに
ヴァータだと思い込んで 色々やり過ぎて
合わない環境と生活感が続き それが病気の原因になるのです

自分の本来の種はどんな花を咲かすのでしょう?

立ち止まって
一度考えてみるといいですね



d0121002_9154060.jpg


雲南の朝顔 
種を蒔いて 7日後  芽をだしてました




私は 大学で彫刻を學びました
絵画からの転向でした
当時 ゆったりすることが 
とても自分に必要だったのだと思います

粘土 石 などは
アートの中でカパの質のものです
ゆっくり 時間をかけなければ 
決して成形できない性質のものですから

火=光りの性質である 絵画はピッタ
風の性質=音楽はヴァータ

その時の自分のドーシャの乱れに応じて
アートをセラピーとして選択すると有効です☆




食事も専門家や 体験者の意見をよく聴き
無理なく行ないましょう
[PR]
by veda-anand | 2007-05-23 10:54 | ベジ料理 アーユルveda
<< 音のクリニック:ヴェーダ的 解釈 anand風   トマトスパ ♪ >>