悟りって?


d0121002_9304335.jpg

何それ?
全く分からない
よく分からない
まだ分からない
少し分かった
よく分かった
だいぶ分かった
かなり分かった
分かった
認識している
意識している


理解には いくつもの段階がある



少しずつ意識され 理解し
認識が深まり
体験を確認し

もう一度 その体験を頭脳が理解する


これが悟りの段階=意識の状態の段階だ


悟り
あなたは 特別なことだと思っていませんか?


悟りとは このように 特別なものではなく
気づきという 
体験に基づくものです

サット=実在=前もあり 今もあり  この先もあるもの
チット=意識  智慧
アーナンダ=平安 愛

インド哲学において
自分の魂=アートマンの本質は
この サット チット アーナンダであり
同時にこの世界を構成する本質であると 説いています


これは どのようなことでしょうか?


私達が 日頃 漠然と使っていた 悟りとは 
つまりは 意識そのものであり
普遍的なもので
遍くこの世界の全てを
隅々まで 満たしていると いっているのです
それは
あなた自身をも 満たしているといっているのです

『頭より先に 何か 腑に落ちた』

という 体験 あなたにもありませんか?

実は 多くの方は このように 毎日 気づかずに
悟りを体験しています


このように
悟りは 特別なものではなく
その悟りの意識状態の
『高い低い』
 あるいは
『長い短い』 『連続』 『常に』
という 違いはあっても

私たちの身の回り全てのところと 
自分の中にあるもなのです


では
完全な悟りとはいかなるものでしょうか?

これは ヴェーダの基礎の考え方ですが
少し説明が難しいので
よく 声に出して読んでみて下さい


自分自身の本質=魂=アートマン に
自分を自分だと認識できる要素=エゴが
サット=実在=リアル 
チット=意識 
アーナンダ=平安

これらの3つに同調し、
あるいは 別の言葉で言えば   到達し
全ての生き物 全ての存在たち  全ての状況との 
意識上での同調をしめすことができる

ということなのです


簡単なたとえで 申し上げれば

☆人の痛みを自分の痛みとして捉えられる
☆生き物を殺すことはできない
   何故なら
   自分と同じ意識の繋がりだから
☆人の喜びをともに喜ぶことができる

このような意識の状態をいいます

こう考えると とても簡単ですね
こういう方達は あなたの周りにも沢山いらっしゃるでしょう

これを知れば  
悟りとは 難しいことではなく
得難いものでもなく

毎日 瞬間の積み重ねであると分かりますね ☆






写真:
タイ アユタヤを旅したときのもの
昔 僧侶たちは この内面の意識にふれようと 一生懸命修行したのです

アートとサウンドをヨーガに結びつけることは
あなたを自然に楽しみながら 平安=安らぎへ
そして悟り=智慧へと 導いてくれます ♪
[PR]
by veda-anand | 2007-05-18 09:50 | 癒しへの導き
<< 宙に浮かぶ仏像 : タイ 王宮 線の持つ力 >>