色のクリニック  ; 黒 について



黒い服を着る人が都会には沢山います
例えば ロンドンには 特に黒をこのむ人が沢山います
けれど一方で
晴れの日が少ないので 明る色を好む方も大勢います
それは 色には 光りの特質があるからで
人間は光りを必要とする生き物だからです
光りの少ない室内に 白ではなく 黄色を配した方が
人は明るさを感じるものです

砂漠の民は 黒を身につけ
太陽の紫外線から 肉体を守りますが
彼らの住むテントや 作り出すカーペットは 美しい色で溢れています



という色は 美術の勉強においては 色としての立場にありません
それは何故でしょうか?

黒には 全ての色が含まれている
光りを包み隠した波長だからです


黒を着ると 特別な気持になります

使い方としては
大きく分けて 二通りあるでしょう
自分を特別に見せたいとき
自分の感覚を隠したいとき

この両者は 一見して違うことのようで
実は同じことをいっているように見えます
それは何故でしょうか?

いずれにせよ この二種類の黒の着方は
ある感覚を呼び興すからです

黒はインド哲学では
タマス=暗質=重い質の色です
これに異存のある方はいますか?

黒を軽い色
と感じる方はいるでしょうか?

それで 気分を鎮めたいときに 黒を用い
自分の感情をおさえることに使うことが出来ると 同時に
黒を使うことで
自分の感情を押し込めてしまうことも同時におきてしまいます
このように 黒は重い色です

気分の沈みがちな方は 黒を避けた方がいいでしょう
そして 
明るい色を着て 気分の落ち込みはがおきないように
防ぐのです

とにかく 黒は特別に強い色ですから
効果を良く知り 
使い方には 工夫をこらしましょう
以下に黒の特質をあげます


しかし 気をつけて欲しいのは
これらは 他者をコントロールする為に用いるのではなく
自分らしく 自分の心身を健康に保つ為に利用するのが好ましいでしょう


★黒の良い使い方: 威厳がある/重厚感を与える/落ち着きをとりもどす/ある特別な感覚を際立たせる/無条件に人を惹き付ける

★黒の良くない使い方:暗さを引き起こす/低迷した状態に止まる/ネガティブな感受性を引き寄せる/ある特定の感覚に縛られる/無条件に自己の感覚を無視できる



善悪ではなく エネルギーとして色を理解し
自分自身のために 色を使いこなせるようになりましょう





闇に浮かび上がる 炎のオレンジ
これを観て なにを感じますか?
d0121002_23303933.jpg
[PR]
by veda-anand | 2007-05-12 18:14 | 色の診療室
<< 色のクリニック  :ヴィヴィッ... 知識のヨーガ :等身大の自分と... >>