音の使いかた−2 言葉を発する 言葉を聴く



全て 
行なうことを ヨーガに結びつけられたら...

どんなことが おきるでしょうか?

ヨーガとは 座って座禅をすることだけではありません
実は 全てをヨーガにすることができるのです

言葉を発することも 言葉を聴くことも 音楽のようなもので
サウンドヨーガの中のひとつ なのです



『 私は 迷っていたり 気分が優れないとき
聞いてもらうと すっきりして
知らぬ間に ぴったりの答えを得た 』
こんな経験 誰にでも あるものですが
これは 気づかずに サウンドヨーガをしていたのです

このような人と人との御喋りは
聞き手の意識の高さと
話し手の意識の持ちようが決定します


日頃 ただ 言葉を装飾的に羅列したり
自分の気持を偽り
隠し
必要以上に大げさな言葉を使っている人は
意識が内側=自分の内面ではなく
他人=外側にむいているために
サウンドヨーガにすることは できません

同様に 自分の感覚を研ぎすまさずに
集中しないで 人の話しを聞く人
既成概念に固まって聞く人
物事の善悪ばかり判断する人は
御喋りをヨーガにすることができませんし
カウンセリングにもできません

聴く方も 話す方も 
正直さや ありのままの自分であるほど
聴くヨーガと 話すヨーガは 下手であっても 充分に行なえます

聴く 話す いずれの立場にあっても
そのように自分の意識の姿勢をキープするためには
肉体のヨーガにポーズがあるように
ヴェーダの知識による型を知ることは 
大変重要です

話す目的がヨーガであれば
次第に 
話すヨーガ 聴くヨーガ ともに上達していき

ヴェーダによる知識を元に 
セルフカウンセリングを習得し
おのれの中で有意義な答えを出せる自問自答を
やがて 行なえるようになるのです



ヨーガとは.. くり返し申し上げれば

本来の自分に近づく道 
自分の命を命足らしめる力に
結びつける紐です

ヴェーダによる知識の中で
まず基本となる最も重要な知識=型は 

相対的な考え( 例えば 善悪 )をもっていることに
気づく 
ということです

とにかく まず 気づくことから 始めます

聴くとき 話す時の 自分の心の動きを 丁寧に観察しましょう
[PR]
by veda-anand | 2007-05-08 09:14 | 音の診療室
<< anand風 おもてなしカレー♪ 音の使い方−1  音楽の選び方 >>