光のクリニック:色が本来のあなたに近づけてくれるとしたら





今 あなたは 何色の服を着ていますか?
朝 服を着る時に それを 選ぶポイントを どこにおいているか
考えたことはありますか?



d0121002_16312996.jpg



私達の身の回りには 数多くの色が 溢れています
おかれている環境で カメレオンが色を変えるように
わたしたちも 実は 色の影響を受けており
体の色を カメレオンのように変えられなくても
その色を体内と心に取込んでいるのです

それで ある絵を観たら 気分が高揚したり
重たい気分になったりする経験があるのですね


昨日は どんな風に過ごし 
今日はどんな風に 過ごしたいか 
それによって 着る服の色は 変えたら
何が どのように違っていくのでしょうか

インド哲学では
三つのエネルギーのバランスをとることを 大切だと説いています

一つ目  サットバ 純質 =意味合い :  智慧/理性的/愛
二つ目  ラジャス 劇質 =意味合い :  運動/活動的
三つ目  タマス  暗質 =意味合い :  物質/停止した


例えば 料理しようと 思いを巡らせるときに
まずサットバ=智慧を使い
それを 行動に移すときに ラジャス=活動のエネルギーを使い
料理を食べて  タマス=物質 である 肉体が快癒に向かったり
維持されます

このように 人間の生活の24時間は 
これら 3つのエネルギーのいずれかが 活発になった状態の循環です

同じように
色彩においても 現在の自分の状態において
サトッバの活動を 助けるもの
ラジャスの活動を助けるもの
タマスの活動を助けるもの 
の種類があります

これは 相対的なもので 一人ひとりの 状態によって
必要に応じて 色味も 量も 組み合わせも 異なっていきます

まず 自分の内面を観てみましょう
今 どんな気分ですか ?

もし 頭が忙しく 回転し
サットバのエネルギーが不足していて
ラジャスが活発になり過ぎて 落ち着きが足りない と思うときは
ブルーの色調をつかいこなせるようにすると 
良い結果がでるようです

シリアスになりすぎないために 
ホワイトを混ぜた パステルな色味も有効です
白は全ての色を透過し
肉体が必要な色を選びとることができるのです

インド哲学では
ブルーは 永遠の色として 尊ばれ
ホワイトは 純粋や 智慧を現します
このような 色彩の観念は 国や地域によって 意外なことに
あまり 変化はありませんが  多少にことなります

けれども ここで 一番大切なのは
自分の感覚です

穏やかさを必要とするときに
ある特定の色を眺めていて 穏やかに感じることができたら
それが 今日のあなたに一番ふさわしい色ですね

いつも いつも自分の内側で 囁いている声に 耳を傾けてあげてください

それが 
心地よい過ごし方を 身につける こつ  なのです

ただし あまり 真剣に成りすぎないように
楽な気持で 

忘れてしまっても 構わないのです
だんだんに 少しずつ それが 自然になっていくことでしょう
[PR]
by veda-anand | 2007-05-14 16:48 | 色の診療室
<< anand風   姪っ子へのお... anand風 気軽なカレー♪ >>